畳襖網戸張替のポイント

畳張替のポイント

畳の上に貼ってあるい草の部分を、新しいものに交換する事を「畳表替え」と呼びます。

全て畳の張替ができるかと言えば、中にはできないケースも存在しています。
その部分は当社にご相談ください。場合によっては、営業マンが現地にて確認いたします。

  • ・畳表が日に焼けて変色してしまった
  • ・タバコの焦げや、食べ物の汚れなどが目立ってきた。
  • ・衣服(特に靴下はわかりやすいです)などに畳の粉が付着する。
  • ・前回の畳替えから5年近く経過している。

畳の寿命は基本、何年と決まっているわけではありません。
畳床の種類やその部屋の使い方、お手入れ方法によっても変わってきます。
畳は古くなってしまうと畳本来の機能も低下しますし、衛生上もよくありませんので定期的に張替えされることをオススメします。
畳床がしっかいしていれば、表張替えは何度でも出来ます。

実はこんなことも当社は可能なんです!!

畳屋さんに聞くのもあれなんだけど・・介護ベット置くから畳をフローリングにしようかと・・

お客様からよくこのようなご質問をされることもあります。
勿論、当社ではリフォーム工事一式対応しておりますので、フローリングにすることも可能です。
しかし、畳の良さをそのまま残したい場合は、強度の高い特殊な畳に張替も可能なのです。
是非、その時のご要望をお伝えください!

※介護系の場合は補助金対応可能です。

襖(ふすま)張替・障子張替のポイント

一般的な襖張替えの目安は4年です。障子で2~3年です。 お客様の元から引き揚げを行い新しいものに取り換えます。 水とのりを使いますので、納品に最低3~4日見て頂いております。 一枚一枚、丁寧に職人によって施工させて頂きます。 お部屋も明るく見え、見違えるように美しくなりますよ。

  • ・ふすま・障子が日焼けしてきた
  • ・ふすま・障子がはがれてきた
  • ・ふすま・障子の汚れや破れ

襖は新沙織り・本鳥の子・高級和紙の各種ふすま紙の張替えございますのでご相談ください。
障子は数百種類の中から、ご希望のお値段とデザインのものをご相談ください。

網戸の張替のポイント

網の目の大きさも種類があります。小さい目の方が勿論、虫が入りづらくお勧めです。
ブラック網戸は通常のグレー網戸に比べて景色がすっきり見えます。

  • ・網戸にしていても虫が入ってくる
  • ・破れている箇所がある
  • ・たるんでいる箇所がある
  • ・目地の隙間が目立つ
  • ・交換から15年は経っている
  • ・がたがたして動かしづらい
張替実績
お問い合わせ